FC2ブログ
うさが日常思うことをはき出すブログです。うさの魂の避難所です。表世界で波風たてずに生きるために、ここでヨイもワルイもはき出してます。
2017年11月29日 (水) | Edit |
はい、V6廃人まっしぐらケイゾク中です。
ツイッタでもいいけどこっちの方が振り返りやすいので、短めのエントリがしばらく続くと思います。
つか今回書こうと思ってることはすでにどっかに書いた気がしたのだけど見つからなくて…だから振り返りやすいこっちに(もしかして重複してるかも)。

2015年のアニバコン。すでに見倒しているのに全然飽きませんわ。

此処から~の歌詞で坂本さんが「必ずおとずれる明日を共に描こう」と歌うのが大好きなんです。
これって、Timelessで「明日が来るとは思えなくて互いに背を向けた日」に対して、明日は絶対くるから、もう背を向けたりしないで、一緒に歩いていこうってこと…ですよね?Timelessと合宿の時系列がわからないけど、少なくともTimelessの方のレコーディングは終わってからの此処から~の作成だと思うので、多分。
坂本さんのリーダーたるゆえんがそこに凝縮されてる気がするんですよね。

これに限らないけど坂本さんの優しい歌声はそれ自体に包容力と力強さがあって、未来を信じさせてくれる感じが好きなんです。だからか、彼は歌詞の中でもそういうパート(未来は明るいよ、大丈夫だよ、という感じ)を担うことが多いと感じます。
その歌声で、必ず明日はおとずれる、って言われたら、すごく心強いというか。いのっちもこの歌詞を選んだときに、彼自身は必ずしも明日が来るとは限らないと思ってるけど(だからこそ日々を一生懸命大切にってことだと思う)、リーダーが言うんなら必ず来るんだろうって選んだらしい。人には、真実ではないけど確かと思えることが必要なときがあって、それをくれるのが坂本さんの歌声なんだよなーって、私は個人的に思うのです。

私ねー、まだグループが若い頃に健ちゃんが坂本さんに相談事して、さかもっさんが「最悪の事態になったら俺が黙っちゃいない。おまえを守ってやるから」って言ったってエピソードが世界で一番のイケ台詞だと思ってるんですけど、それが言える坂本さんの大きさね。健ちゃんが欲しかったのは、本当に坂本さんに責任をとれるだけの力があるかどうかではなく、どうなってもこの人だけは味方でいてくれるんだっていう気持ちだったんじゃないかな。坂本さんはそれをちゃんと言いきれる潔さ、男らしさがあって、そこがリーダーなんだよなって思うんです。
明日だって、実際は来るかどうかなんてわからない。けど、来るって信じてともに歩こうって言ってくれるその気持ち、ずっとグループでいるからっていう「確かさ」を示してくれる強さよね。「俺が明日が来るって言ったら来るんだよ。だから背を向けたりするな!」って言ってるんだと…それがリーダーなんだよねー。

だから、明日は来るのか来ないのか…といえば、来ます。リーダーがそう言うんだから、絶対、来るんです!
だからどうか、V6はずっと今のメンバーのまま、明日を信じて終わらない夢をともに描いて、歩み続けてください。
…なんて、もうファンが願わなくても続くと思ってるけど。あの絆が途切れるなんて想像もつかないもん!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する