うさが日常思うことをはき出すブログです。うさの魂の避難所です。表世界で波風たてずに生きるために、ここでヨイもワルイもはき出してます。
2015年12月01日 (火) | Edit |
基本このブログは日記のカテゴリですので、自分の備忘録に、覚えておきたいことはメモっておきます。

カテゴリ悩んだけど、にちじょーではないし、芝居・映画でもないし…まぁ、萌えかな、と。














最近、中の人、いとーゆーいちさんという俳優さんがお気に入りになりました。
平仮名にしたのは多少の検索よけ。

なんか、キャラクター産業で「中の人」に言及することに関しては、いろいろと考え方があるようですが、手下の場合は、それ専門じゃないし、その現場でばらさなきゃ別にいいんじゃないか…というか、仕方ないんじゃないかと思うんですよね。まぁひとそれぞれですが。

私は知って良かったと思っています。最初は大吉先生に似た手下がいるということから入り、映像を見てそのキャラクターを知るにつけ、どんどん大吉先生からは離れて行き、今ではちっとも似ているとは思いません。
私はよく公式を知らないのだけれど、公式ではそれぞれのキャラクターの設定ってそんなに細かく描写されてないですよね、きっと。せいぜい、誰の手下とか、そのくらい?でも、蛸さんに限らないけど、中の人の演技力と関係性によって、見ている側の妄想や想像がかきたてられて、それぞれがどんどん個性豊かなキャラクターになっていく様を見ていると、こういう役者ってすごいな、と思うようになったわけです。台本がない役柄ですからねぇ。ファンの気持ちを読んで、そのファンの少しミーハーな気持ちを肯定してそこを汲み取って対応する、それは、なんか、もう、普通の役者とは別個の、エンターテイナーの領域でもあると思うんですが、それが、手下の中の人たちには備わってるんでしょうねぇ…。で、そういうのが、すごいなって思うから、中の人ってどんな人だろうって興味が沸くわけですよ。

で、いとーさんですが、まず素の(とういか一役者の)彼を知ると、まったく蛸さんじゃないことに驚きます。むしろオーちゃんみの強い人なのですね。とても優しくてかわいらしくてびっくりします。単純に見た目が、色しろっ!腕ほそっ!肌きれいっ!腰ほそっ!(以下、キレイ、細いを繰り返し…(笑))最終的に呟きで見る限りですが、心が純粋でキレイに思えます。キレイって、別に純白ってことじゃないんですが…。他の中の人のツイなんかも見てて思うのですけど、夢を追って、それを叶えるために日々努力する人、それに没頭して邁進している若者というのは本当に美しい。私自身が持ってないものだからなおさらですが、それぞれが、アイデアを出して、人とつながって、練習して準備して鍛えて…それぞれのやり方で、自分を、人を幸せにすることを考えている。そういう、なんか、疑いのない心?失敗するかもとか人に何か思われるかもとかそういうことに躊躇しない(配慮はする)姿勢に、心がいやされるんですよねぇ…。で、手下の中の人の中で、いとーさんはちょっとお兄さんなのかな、なんとなく世話焼きな感じなのもまたツボったのですよね。いとーさん、イイ!

悪意あるツイで、彼はたまたま蛸で人気が出たけど大した人じゃない、みたいなのを見たのですが、そのツイの人、何さまだよって思う。蛸きっかけであろうと、彼を好きになった人の価値観にケチつける権利があなたにおありなのですか、と言ってやりたかった(言わないけど)。私は(多分他のいとーさんファンになった人達も)、べつに彼を蛸さんだと思ってるわけじゃないし、大物だと思ってるわけでもないです。私個人としては、彼の純粋に頑張ってる姿、例え業界で見たら小さい仕事でも、毎日一生懸命に取り組んで楽しんで成長しているプロセスに萌えているし癒されているし応援しているわけですよ。いや、業界的にも小さくはないですけどね。「業界」をテレビや大手舞台としか考えない人にとってはってことです。普通に考えて、12年も劇団を主宰してちゃんと運営してるのはすごいことですよ。気持ちばかり先走って実がともなわない集団もたくさんいます。それを、表に見えない営業努力をしてきちんと自立して維持できる状態にしているって、どんだけだと思ってんだよ、とその悪意あるツイの人に説教したい気分(わからんヤツに言ってやるつもりもないけど)。私は俄かファンだけど、彼の業績をたどって知って、若いのにすごいなぁって感心しきりです。ずっと応援してきた人にとっては、俄かファンが彼を持ちあげるのが気に入らないのかもしれませんね。…ああ…そか、もしかして悪意のツイの人も実は昔からのファンで、彼を調子づかせてくれるなって意味合いなのかもしれませんね。知らんけど。

まーとにかく、全体的に、いとーさんには萌えます、私。写真だけ見た時は往年の加納竜みたいだなーって思ったけど、そんなに男くさくなく、華奢で透き通ってとってもかわいらしい人ですね。ツイの口調も、ちょっと子供っぽいというか、オーちゃんぽいというか一歩間違えるとオネェになるけど(笑)ならないギリギリラインのやわらかさ。時々ファンに意味不明のつぶやきを投げかけて、つい応えようとしてしまうファンをもてあそぶのが(違)かわいい小悪魔みたいで…いや、私の捉え方が腐ってますが、私はそれで楽しいので、思うのは勝手にさせてください(笑)。
いや、これ私、ブロマイド欲しいですよ。だってあんまり露出ない分、そういうのでもないとねぇ…。地方にいると気軽にお芝居に行けるわけでもないし、いや、東京にいたって、そんな、若い子の熱気あふれる劇場におばさんが紛れて行けるわけないし(^_^;)、写真見て癒されるくらい、いいじゃない。ご本人が提供してくださるんだから変態扱いしないでしょ(笑)。普通に考えたらおばさんが若い子の写真見て、「かわいいわー、癒されるわー」ゆうてたら変態ですけどね。
ま、でも、それは私が姪っ子の写真で癒されるのと同じレベルですからね!別に俳優さんを恋愛対象に見るわけじゃないですから!(笑)

あーかわいい!あんな息子いたら幸せだろうなぁ…。子供生んでおけばよかったと、人の作品を見て思う(笑)。まぁでも自分の子はああいうふうにはなりませんからね。今後も細々と応援させていただきたいと思ってます。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する