FC2ブログ
うさが日常思うことをはき出すブログです。うさの魂の避難所です。表世界で波風たてずに生きるために、ここでヨイもワルイもはき出してます。
2018年10月29日 (月) | Edit |
やばい、前のエントリから1か月になってしまっとる。

書きたいことはあるけど、どうも気力がわかない。
書こうと思ってるのに、気が付いたらあっというまに時間は過ぎている。

これが年を重ねるということですよ。
回覧板で、近所のお祭りがあると知り、ちゃんと日付確認して、楽しそうだから行ってみようと思ってたのに、その日は来週だろうと思ってたら先週だった、とか。
友達にメールしなきゃと思って気づけば2か月過ぎていたとか。
シーズン中に一度は野球を見に行こうと思ってたのにもうすっかりシーズンは終わってるとか。
気が付けば桜井君が年賀状のCMをしてるとか。

時空が捻じ曲がるのが、年を重ねるということですよ!(…曲がってない)

長生きなんてしたくないと日々言っておりますし、今でもその気持ちはちっとも変っていませんが、このままでいくと、気づいたら80過ぎてて、長生きな気もしてない、あっという間だった…てことになるのかもな…とか思っています。
辛いだとかつまんないとかいう日々も、案外あっという間に過ぎるならば、それはそれで私には救いだけど。

でもVコンがない毎日とか坂本さんお芝居までのカウントダウンとか、ながーく感じる物差しもあるのにね。不思議ね。
これが相対性理論ってやつか(笑)。

てこととで、とりあえずスポンサー表示回避の記事をアップして。
なるべく早いとこ、ちゃんと書きたいこと書いたエントリしたいと思う所存。あくまでも自分の備忘録としてだけど。



2018年09月30日 (日) | Edit |
PCのデスクトップ画面に、テキストのメモが置いてあった。
私はブログ記事を書くときは、いったんシンプルテキストに書くので、書きかけをよくデスクトップに保存する。そしてそのままタイミングを失ったり考えが変わったりして捨ててしまうこともよくある。で、今日見つけたのもなんだっけな、と思って開いてみたら…記憶にない。こんなの、書いたっけな?酔っ払った時に書いたのかな(冷静に考えればちょっと怖い(笑))。

ちょっと支離滅裂な感じもあるけど、まぁ私の文章はいつもそんなものなので(笑)、自分が後でまた振り返れるように、アップしとこ。
以下、多分酔っ払った時にこみ上げた素直な気持ち。


*********

太陽と月の子供たちを聴くと何度でも泣ける。
なんだろうなこの名曲。…ていうか「V6が歌う」この曲。

例えば今辛い人、辛くて死すら考えている人がいるなら、ぜひこの曲を聴いほしいと思うし、V6を信じてみてはどうかと思ったりする。あの優しさはすべてを包み込んでくれるから。
彼らはね、何もしないの(笑)。でも、信じた人を愛してくれるの。なんていうかな、彼らは鏡っていうか。こっちが信じなければ別に何も積極的に働きかけてくれはしないけど、こっちが信じてれば応えてくれる、そんなグループなんですよ。

自分が非力なことは知ってる。だけどただ、愛してると言ってくれる人たちなんですよ。それを無責任ととるか慈悲と思うかは人それぞれだけど。私には彼らは地蔵とか道祖神とか、そういうレベルに思えるんです。信じるものを守ってくれる。何も出来なくても、想ってくれる。そういう人たちです。非力だけど強い。私は彼らのそういうところが好き。そも、リーダーがそういう人なんだけどさ。特別強くはないくせに、「俺が黙っちゃいないから。俺が守るから」って、言える人。重ねて言うけど、無責任なんじゃないよ。気持ちは間違いなく寄り添ってくれる人たちだから。決して驕った人じゃないから強気ではないけど、人智の中で誠意を示せる人だから。

V6って、そういう意味で私は大好きなの。絶対正義じゃないし、かといって日和見なわけでもない。不条理があることは理解してるけど不条理の不条理さに心を痛めている人。謙虚で優しい。彼らに世の不条理を解決してほしいとは思ってない(そも数人の人間で解決できるなら不条理になんてなってない)。だけど、私が不条理に憤るとき、寄り添ってくれる、そういう優しさが欲しいだけ、だから彼らが私にとってはちょうどよく必要な人なんです。





2018年09月29日 (土) | Edit |

私も結構長らく坂本さんファンだし、ターザンでハマった身としては彼の声好きはかなりだと自負していますが、その私が度肝を抜かれた視点で彼の声に惚れている人がいたことに衝撃を受けたので、メモっておこうと思った次第。

その視点の持ち主は最近の人気ものだし何を書こうがそこそこデリケートでヤバい話題な気がするので続きを読むの先にします。だってこれから私、彼のたったひとつの発言から暴走した妄想を根拠に語るのでね。

ちなみに私の「続きを読むの先」は、意見を撤回するつもりは毛頭ないが、人によっては気分を害するかもしれない、というネタで、進むからには読後感は自己責任でね、という部分です。害するといっても公序良俗の類ではなく、好みの部分で、これが地雷って人もいるかもな、ということです。さて言い訳が長くなったけど、さっさと続きを読むの先に本題を。


[READ MORE...]
2018年09月24日 (月) | Edit |
想ったり感じたりしたことも、140文字で呟くことに慣れてしまうと、それで満足してしまうし、ブログを書くのも面倒になってしまうものですね。

でも本当はもっと色々考えているし、文字にすることでそれらがまとまったり考えが変わったりするので、書くことは必要だとはおもっているのです。くだらないことしか書いてないけど、それが未来の自分を励ましたり楽しませたり反省させたりもするので、その時感じたことは、出来る限りちゃんと文字にした方がいいとは思ってるんだけど…面倒。おそるべし140文字。

前回のエントリからだいぶ時間がたってしまい、スポンサーサイトが出たままで、もうこのブログはやめたのかな…と数少ない時々お立ち寄りくださるかたももう来なくなってしまっているかもしれませんね。まぁもともと人様に向けて書いてるブログではなく、自分の備忘録を、色々な意見をお求めの方が拾われることもあるかしら、程度に思って公開しているだけなので、そこはご了承いただいて。

で、今回ですが、ちょっと毒吐きます。ずっと違和感を覚えながら、そういうこと考えるのはよくない、と自分を控えておりましたが、やっぱり納得いかないことがあったので。V6と一部ご新規ファンの方についてです。新旧は関係ないのかもしれませんが、たまたま私がよく見かける、私から見たら理不尽なツイが、わりとお若い、ご新規ファンの方のものらしきものが多いので。
まぁ、これまでも何度か書いている、熟年アイドルとファンの関係性についてなので、繰り返しなのかもしれませんが、今感じるもやもやをまとめてみようと思います。

ということで、この先は、他人の勝手な愚痴を許容、もしくはスルーすることが出来る人のみお読みください。読後感については自己責任でお願いします。

[READ MORE...]
2018年07月17日 (火) | Edit |
音楽の日の追加みたいになりますけどニコ健読んで。ああこれが若い子が言うエモいって感情かなと思いました。

健ちゃん可愛くていじらしくて優しくてあったかくてそれが切なくてギュッとしたくなって…これらの感情とさらにその行間にある言葉にできない感情を表そうとしたらなんかエモいがそれを埋めてくれた気がします。知らんけど(笑)。

あの日に臨む気持ちや現場での彼の思いやその後のおれこれ、どれもエモかったのだけど、一番健ちゃんを抱きしめたくなったのは

V6のSPARKが好き。
6人の声が好き。
その声を感じてみんなの空気を感じて踊るのが好き。

…ってどこのメルヘンな乙女だよおおお〜(嬉泣)!!
ダンスのリハでポカしちゃう健ちゃんをいじるメンバーの話も想像できるだけにニヤつきますが、そのことを語る際に健ちゃん、イノハラ君やごぉにって………ごっ…ごぉ?剛つんのことひらがなのしかもおがちっちゃいので呼ぶのっ?萌えアニメの萌えキャラ娘じゃねーか!萌え萌えキュンじやねぇか!!はぁはぁはぁ…いやオチケツ!落ち着け!私!

…もうね、話の内容から健ちゃんの語り口調から感じる私の胸にあふれてダダ漏れるこれをなんという?と思ったらもう、エモいしか浮かばなかったよね。

健ちゃんよっぽどあの日が楽しかったんだろうなぁと思います。ウフフ、とかさ(笑)書いてたもんね。健タッキーとV6の両方で出られたことや中居君とたくさん話せたことやたくさん触れ合えたことやセトリでみんなを狂喜乱舞させたしてやったり感やあれもこれも楽しくて、ちょっと口調がお花畑の乙女っぽくなったのかなぁ。なんかバズリズムで坂本さんがキャッキャしててかわいいと言っていた三宅健はこれなんだなと確信しましたよ。ほんと、かわいい。森田さんは岡田が幸せそうだと幸せだそうですが、私は健ちゃんが幸せそうなら幸せだよ。だって健ちゃんが幸せなことがメンバーの幸せでひいては私の坂本さんの幸せでもあるのだから。健ちゃんを泣かせるようなことは私が許さない!(何様(笑)) 私が許さない前にメンバーが許さないしね。

とにかく、今回のニコ健は永久保存したいくらい。
とりあえずもう一回読んでおこう。楽しげに幸せそうに話す健ちゃんを思い浮かべながら。